ドッグフードの選び方にこだわろう

ドッグフードを選ぶときにはいくつか大切なポイントがあると言われています。ドッグフードはヒューマングレードを選ぶといいと言われていますが、それ以外にも重要なポイントがあるので紹介します。

まずグレインフリーかどうかについても確認しましょう。例えば一般的なドッグフードの中にはかさ増しをするために穀物類を大量に入れてコストカットを実現しているものも存在しています。穀物はアレルギーの原因にもなりますし、与えすぎるとあまりよくないと言われています。しかし、グレインフリーなら穀物類は一切使用されていないのでアレルギーの心配も少なくなります。また、穀物類は消化にあまりよくないですが、グレインフリーなら消化にもいいので便秘などの解消にも繫がります。

また、選ぶときには続けられるかという点も確認しておくといいでしょう。犬たちはドッグフードをコロコロ変えてしまうと食べなくなることもあると言われています。警戒心も強くなるため、安心して食べてもらうためにも経済的なことも考えて続けられるドッグフードを購入しましょう。

このように、ドッグフードの選択は重要で愛犬の健康にも繫がります。今ではヒューマングレードやグレインフリーなど品質の良いものも存在しているので、気になる方は購入について検討してみるといいでしょう。

ヒューマングレードのドッグフードを与えるメリットについて

ドッグフードの中でも品質が良いと言われているのが人間でも食べることが可能なレベルのヒューマングレードのドッグフードです。実際に既に与えている飼い主も多いかと思いますが、ドッグフード選びで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。こういった方が安心してヒューマングレードのドッグフードを選ぶことが出来るためにもここではヒューマングレードのドッグフードを選ぶメリットについて話します。

まず、メリットとしては栄養がしっかりと摂れることです。例えば4Dミートや穀物類を中心に使われているドッグフードは特に穀物類などはたんぱく質など犬に必要な栄養素を摂ることができません。犬にとってはたんぱく質は必要不可欠で、例えば毛並みなどにも影響する大切な栄養素だと言われています。ヒューマングレードのドッグフードならしっかりと栄養についても考えられており、必要なたんぱく質なども含まれています。動物性のたんぱく質をしっかりと与えたいと思っているならヒューマングレードのドッグフードを検討しましょう。

また、食いつきがいいのも魅力の一つです。ヒューマングレードは人間が食べることができる肉などを使用されているため、匂いもしっかりとあり、他のドッグフードよりも食欲をそそり食べやすいと言われています。例えばドッグフードを与えても食べないなどの場合は栄養面や、安全性がよく考えられたヒューマングレードなど高品質な食べ物を与えるといいでしょう。

ドッグフードに使われる材料について

ドッグフードの種類は多く、購入する飼い主を悩ませる原因ともなります。どれを与えたら健康的な生活を送れるのかなど犬の健康はドッグフードが大きく関係するともいわれます。全てのドッグフードが安全性の高いものなら問題はありませんが、実際にいい条件のものからあまり好ましくない条件のものまで様々です。そこで今回は好ましくない条件のドッグフードといい条件のドッグフードについて説明します。

まず、あまり与えない方が良い材料としては4Dミートと呼ばれる材料が入っているドッグフードです。そもそも4Dミートとは4つの頭文字がDの英単語でまとめてあるものですが、その4つがDead、Dying、Diseased、Disabledです。Deadは死肉を意味し、つまり死んだ動物の肉を使用しています。また、ここで使われる死肉というのは例えば病気などで死んだ動物の肉を使用しています。Dyingは死にかけの動物のことを言います。続いてDiseasedは病気にかかっていた動物の肉のことを言います。最後にDisabledは障害がある動物の肉のことを言います。これらは人間が決して口にすることがない肉を使用しています。価格は安いですが品質が良いとは言えないドッグフードです。

続いて条件のいいドッグフードとしてはヒューマングレードが上げられます。これは人間が食べられるほどの品質で作られているドッグフードです。添加物なども含まれておらず、人間でも食べられる材料が使用されているので近年では選ぶ人が多いと言われています。